沖縄県子どもの権利を尊重し虐待から守る社会づくり条例沖縄県子どもの権利を尊重し虐待から守る社会づくり条例

子どもの権利とは?

子どもは、1人の人間です。
子どもの権利は、18歳未満のすべての子どもたちが持っているものです。
1989年に国連総会で決められた「子どもの権利条約」では、子どもの権利は大きく分けて4つ、どれも「その子どもにとって最も良いことは何か」を第一に考えることが大切です。

沖縄県では、沖縄の子どもたちがしあわせに育ち、学び、生活していくために「沖縄県子どもの権利を尊重し虐待から守る社会づくり条例」をつくりました。

子どもの権利を守っていくためには、保護者だけなく地域や行政が連携し、
子どもが安心して暮らせる環境づくりに努めていかなければなりません。

「沖縄県子どもの権利を尊重し
虐待から守る社会づくり条例」
の全文はこちら

子どもの権利を尊重し虐待から守る
社会づくりの実現に向けたシンポジウム
「子どもの権利」知っていますか?

子どもが健やかに成長できる社会を実現するためには?
子どもの権利を尊重し虐待から守る社会づくりの実現に向けた講演会を開催!

開催日
2021年11月20日(土)
時間
13時30分~16時00分
会場
那覇 / 県立図書館 ホール
定員
会場聴講 20名
オンライン聴講 定員無し
基調講演

「子どもの権利と子ども条例について考える」

講師
荒牧 重人 氏
子どもの権利条約総合研究所 代表
山梨学院大学法学部法学科 教授

パネルディスカッション

「どう守る?子どもの権利」

コーディネーター
横江 崇 氏
NPO法人子どもシェルターおきなわ理事長

パネリスト
後野 哲彦 氏
沖縄県中央児童相談所所長

山内 優子 氏
一般社団法人おきなわ子ども未来ネットワーク代表

奥間 智香枝 氏
特定非営利活動法人おきなわCAPセンター事務局長

仲座 健太 氏
お笑い芸人・タレント

アーカイブ視聴はこちら

CM動画

啓発ツール

「子どもの権利」について知ってもらうための啓発ツールです。
学校やご家庭、団体などで必要に応じてご活用ください。